はじめの1歩

はじめの1歩では、
パッチワーク始めたいけど(ー_ー)!!
できるかなーと思っている貴方に!
基本から、最新グッズまで、いろいろUP!
ただいま牛歩ながら更新中
ご期待あれ!(^^)!




 
これA:まずは私の使用している道具類から紹介

道具もお気に入りのものを使用すると制作意欲湧く?と思いませんか。
それって私の思い込みかなー(^0_0^)
ということで、これから紹介するのは私の思い込みです。
意見の違う人、京都限定版、etc、軽く流しておいて下さい。
でも少しでも、ふむふむと思ってもらえたら、うれしいなー(^_-)-☆

1:針    

針
まず何をさておいても針!

私のお気に入りは、みすや針です。京都のもともと和裁用の針を扱っていた老舗なのですが、
パッチワークの針も近年力が入っていて、とても縫いやすいです。
針は、最低限の基本、ピーシング用の針と、それより短いキルト用の針に分かれます。
あと、近年はやりの少し刺繍を入れるように、フランス刺繍針、ビーズを付けるようにビーズ針など。
BOHINのキルト針は先生からいただいたのですが、キルティングが疲れないような(^_-)
普通によく手芸品店で売っているクローバーの針でも全然平気です!!

待ち針にも意外とこだわります。普通の上にポチの付いたタイプでもいいんだけど
少し細い目が好きです。箱売りしているシルクピンの細いタイプが
洋裁をしていたころから使っていて、1番好きです!(^^)!

注目
★◇ みすや針 ◇★

≫ 三條本家 みすや針
河原町通りから三条通りに入ったところ

このホームページがなかなか凝っていて面白い。
針のこと本当に好きやねんなーと思いますよ
ぜひ一読あれ!!
それと、この針高橋恵子さんのケイズビーキルトの店でもおいてます。
高橋さんパッチワーク展の出店のときもおいてます。

2:糸    

糸
針とくれば、次は当然糸でしょう(^_-)-☆
パッチワークにおいては、ピーシング用、キルト用、そして近年特にミシン用と分かれます。

私の糸に対するこだわりは、@糸が細いA引っ張りまくっても切れないB撚れたり、ももけたりしない。
小物ではそんなに感じないけど、タペストリーとかを何か月もかかって仕上げるときには、
切れない、撚れにくいは、とても重要です。
そしてたどり着いたモンリッキーの糸は、悲しいかな廃番になってしまいました。
スウェーデン製なのですが、工場が閉鎖されたらしいので(ー_ー)!!仕方ないです。
少し安くなっていたりするので、買い占めることも考えたのですが、
糸の寿命2年が目安らしいので、、、。実際は、切れやすくなると寿命なのですが(ー_ー)!!

ミシンによく使う、メトラーの糸は、ラメの種類も多く、ミシンには滑りもよく使いやすいです。
この糸、ベルニナのミシンが日本に入ってきたときに一緒に入ってきて普及したそうですが、色数も多いです。
ラメ糸は、糸の滑りも悪く、摩擦に弱いのですが、キラキラ光る魅力には負けてしまいます。(*_*)

最近のお気に入りの糸は、ギッターマンの糸です。
"Guetermann"の糸はドイツせいなのですが、近年あちこちの手芸品店でも扱ってます。
糸の滑り具合がよく、針からも抜けにくいです。ピーシングには、お勧めです。

キルトには昔からデュアルデューティです。最近なんかスリムに変わりましたがまだ買っていません。
とてもしっかりしているんですが、色数が少ない(ー_ー)!!滑り少し悪く、
長時間キルトしていると疲れる

以前、斉藤謠子さんが、ギッターマンでキルトもしているといわれてました。
確かにミシンだったらOKなんだし、手縫いでも大丈夫かな?!一度試してみようかなー!(^^)!

ちなみに、糸の色は、生地より濃いめの色を選ぶと、縫った部分が、沈んで落ち着きます。
反対に生地より薄い目の色を選ぶと、縫った部分が浮いて見え、目立ちます。
縫い目に自信がある人、キルトを目立たせたい人には適するけど、私は、遠慮しておきます(^_-)-☆

good
★◇ ギッターマン(Guetermann)の糸 ◇★

 ドイツ製。ミシン糸にもでき、色数も多い。
  特性:絡まない。ピーシング用にしても強度がある。
     縫った後の糸引きもスムーズ。ざらざらとした引っ掛かりがない。
    ミシンキルティングにも使えて、オールマイティ。とっても滑らか!

★◇ モンリッキーの糸 ◇★

 スウェーデン製。工場閉鎖で廃番(ー_ー)!!
 上記特性は有にクリア!さらに毛羽立たない、無駄にほぐれない
廃番なので年数に限りがありますが、タペストリーのピーシングには使いたいなー!(^^)!
この糸のファンの人、本当に多い!!

3:定規     

定規
そして必需品・定規!

定規をうまく駆使すると、出来上がりがピカピカに!
型紙作りに、ピーシングの線の引き直しに!
早く作りたいときは面倒なひと手間ですが(ー_ー)!!
手元において、こまめに線を引き直すことが
きれいに仕上げるコツの一つ。

@長い線が引けて、幅で縫い代も引ける、斜めの線も引ける、マルチ定規
60pの定規!大活躍!!

これ Aこの定規のオレンジの線。後付けでテープを張っているのですが、
縫い代の8ミリ幅のラインを引くとき&これがあるとメモリが見えやすい(^_-)-☆

もう20年も使ってる愛用品です

B12p定規。手元に置いて、小回り君!大活躍!


good
good
★◇ Bサークル定規 ◇★

 2p〜10pまで7枚セットのサークル定規
  コンパスもいいけど
更にこれは円を描くときに便利
  丸いコインパース・今はやりのマカロンのベースライン・キルティングのラインの変化づけに!etc
 ほかにも、18°、22,5°、36°、45°と印がついているので
  ヘキサゴン・オクタゴン・三角・四角など°図形を引くにも便利

  ただ、常時使うものではないので
  いつもどこやーと探してしまいます(ー_ー)!!
 保管場所を決め、活躍させると、超便利!!