ポーチ

【ポーチラインアップ】

A:コインパース || B:風船ポーチ || C:バネ口金付ポーチ
 バネ口金付ポーチ
 

バネ口金を使い手軽に開け閉めできるポーチを作りましょう!(^^)!

カラフルポーチ

ビタミンポーチ

コスメポーチ

コスメポーチ

キャラポーチ

キャラソックスポーチ


1:型紙をつくる!

型紙
まず方眼紙に型紙を製図します。
今回は、表地用 横20p×縦16p(うちバネ口金用5p)
裏地用 20p×11p
表・裏をマルチデザインペーパーにうつす。私はBの鉛筆。
生地に取る時は、表は底ではぐので、2枚。
裏は底をわとして、縦は22pでとる。
それぞれ縫い代は1pつける。

2:表地にデザイン!

製図
風ぐるま
表地を一枚布にせず、パッチワークします。
今回は私の好きなパターンの一つ!ピンウィール(風ぐるま)を製図し、配置することにします。
製図の大きさに合わせ、8分割し、5センチの正方形を8枚に決定。
5×5の正方形を斜めに分割し、同型の台形4枚に分けるパターンです。
製図をし、型紙と、縫い代付型紙を作ります。
マルチペーパーに写し、切り取ります。
型紙が同一のときは、縫い代付型紙を作っておいて、裁断すると、効率的です(^_-)-☆
生地を4種類用意し、配色してみます。
1パターン、作ってみて、配色の具合を見ます。
手間みたいですが、ここで納得しておくと、
後がスムーズに進みます!!

3:風ぐるまを縫う!(^^)!

手縫い表裏
いよいよ風ぐるまを縫います。
生地を決め、先ほどの型紙を配置、印を写します。
今回生地若草色無地のリバティをアクセントに、パープルなど秋色を意識しました。
今回は枚数少ないので、手縫いで頑張ります。直線だしね(^_-)-☆
印から印まで、最初と、最後は3針重ね縫いで。どんどん、縫います。
四隅が重なる中心は、穴が開かないように、バッテン縫いしてぐるりと縫います
1枚縫いあがったら、裏は縫い代が、交互になるように倒します
ホラ(^_-)-☆簡単簡単

4:トップを仕上げる

表裏
8枚できたら、配色通りつなげ、縦がこれで10pなので
あと1p!口金との仕切りになるようなアクセント布をつけます。
その上5センチ口金用の布をつけ、表TOPの仕上がりです。20×16を2枚
後、裏布20×22、口金以外の部分につける薄手キルト綿20×11を2枚。
バネ口金12p、表地片面用タグ1枚(これはなくてもよいよ(^_-))
すべて用意して、1度セッティングしておきます。

5:表ミシンをかける

表ミシン

表地口金部分より下にキルト綿を荒くしつけで止めます。
シルバーのラメ糸で荒くキルティングします。
この時あまり細かくキルティングすると、ふんわりした感じでないよ(^_-)

そして今回は、エッフェル塔のタグをつけてみます(^_-)-☆

6:表裏合体!

表裏縫う
合体
表、裏を縫います。
ここまでくれば、あと一息(^_-)-☆
脇線、底線を合わせ、中心から両端に3センチ、合計6センチのマチの線を引き縫います。
表、裏、ともに、底マチ縫い代は、1pに裁ち、表裏そこで2,3針止めておく。
表裏を合わせ、口金部分5センチとっていた布の縫い代1p3辺を折り込む。

7:口金開きを縫う

口金部分
高さ2.5pになるように、裏に折り込みます。
裏地縫い代部分1pに重ね、しつけをかけます。
表から、しつけに沿い、11pのラインを縫います。
この時脇の0.5pの開きのところも続けて1周縫います。
1周するのは、後ろ側から縫い始めると、出来上がりがきれいだと思います。
くれぐれも、開きの部分から縫わないでね。糸の始末も大変になるから。
少し難しそうやけど(ー_ー)!!、しつけを正確にかけると簡単に出来上がるよ!



8:出来上がり☆彡

完成
両端の開きから、バネ口金を入れます
合わせて、ピンを差し込み、金づちでしっかり止めます。
ギャザーを端のほうに多い目に寄せて、具合を見ます。
両脇の開き部分に、かんぬき止めをして、ハイ出来上がり(^_^)v
少し大人っぽくて、おしゃれな口金ポーチです。
もう、、、いつものように、ぱっかんのポーチとは呼ばないよ(^_-)-☆



9:作品説明!

カラフルポーチ

カラフルポーチ

キャラポーチ

キャラソックスポーチ

ブログで、大小見本を作って悩んでいると公開しましたが、いろいろご意見も頂き、たくさん入ったほうがいいので、大にしました。
ご意見いただいた方、ありがとうございました
ヽ(^o^)丿
ビタミンポーチは、ログキャビンの裏表を作り
底マチのないタイプです。小ぶりなので、元気カラーで仕上げています!(^^)!


キャラポーチは、キャラクターソックスで作っています。
お正月の福袋にあった、キャラクターソックス!
底から切り開き、1足分を表裏に使っています。
伸びがあるんで、裏は少ししっかりした生地で仕上げています。
小さいパーツなので、いろいろなものでできます。
簡単なものから初めてみましょう!!