コースター〜小物雑貨

【コースターラインアップ】

A:ログキャビンでつくるコースター || B:ログキャビンのリバーシブルコースター || C:ペットボトルカバー
||d:ランチョンマット  
B ログキャビンのリバーシブルコースター

表面はリバティで、裏面はPOPな生地で。同時進行で縫いあがる両面コースター!
  生地を使い分けて、個性的なコースターを作りましょう(^_-)

コースター

コースター

ペアコースター表

ペアコースター

コースター裏面

リバーシブルペアコースター


1:方眼キルト綿使用

ストリングス

1:表、裏両面用の布を用意

布は、4p幅のストリングスを、表、裏各4〜5種類用意。
今回は、表布用にリバティ、裏布用に食べ物系の布を用意しました。
私は、定規とロータリーカッターで切り取り調達!
少しで出来上がるので、お気に入りの布を、カットして1度並べてみてください

2:方眼キルト綿使用

表裏同時縫い
表裏同時縫い
まず1pの方眼紙が印刷されたキルト綿を用意し、12pの正方形を切り取ります。(用心深い人は14pで)
このキルト綿は、A:でも使用。
縫い代にもなり、リード線にもなり、大変優れものです。
布を用意します。
中心にアクセントになる布4pの正方形を仮止めします。裏の同じ位置にも4pの正方形を仮止め!
この仮止めが基本になります。正確に合わせて仮止めしてください。
綿の方眼線に合わせ縫い代1pで、ストリングスを時計方向に縫っていきます(^0_0^)
この時表面のストリングスと裏面のストリングスを同位置に、同時に合わせ、3枚一緒に縫います!(^^)!

3:ログキャビンの最後の3面が大事

表裏別に
順番に縫い進めます。
今回は10pの仕上がり、表裏突合せのリバーシブル仕上げのため
最後の3面は、端から2p、キルト綿と、布2枚は離して縫い合わせます。
少し手間ですが、ここを一緒に縫ってしまうと、縫い代を合わす突合せができません(ー_ー)!!
後で1pずつ切り取りますが、縫いあがりとしては12センチで、TOPの出来上がりです。

4:トップを仕上げるしつけかけ!

しるしつけ
いよいよ最後の仕上げ、まず印をつけます。
最終4辺、幅2pのところに印をつけます。
私は念のため14センチに裁ちましたが、12センチの方は生地で綿は隠れています。
印は、チャコペンシルや鉛筆でもいいんですが
私は、このギザギザの歯がないルレットを使用。
定規と、ルレットで表裏2pのところに印をつけ、縫い代1pを折り込みます。
この時綿は、周り1pずつ切り取り、10pの仕上がりに!
 

5:ブレードをはさみ、突合せにしつけ

表しつけ
 
裏しつけ
せっかく手縫いで頑張ったので、少し手をかけて
周りに麻のブレードを挟むことにしました。
くどい!!と思う人はいらないかと思います。
くどくなりすぎず、上品すぎず。
突合せに折り込みながら、表、裏と丁寧にしつけをかけます。
最後は、すぐに外れてこないように、4辺をミシンで縫い上げました!(^^)!

6:ハイ出来上がり(^_-)-☆

ペアコースター表
ペアコースター裏
形を整え、ブレードの縫い目に、小さなキリコガラスをつけ
ハイ仕上がりです。
ペアでピンクも作りました!(^^)!
10×10pの大きさです
裏面のインパクトを、もう少し強くしても、リバーシブルの価値があるかも?
反対に、裏面は、無地の麻の濃淡とかでも素敵かも(*_*)
まずは試作品です。
皆さんのセンスに、大いに期待。いろいろ見てみたいでーす。